元銀行マンに聞いた!カードローン審査の甘い銀行があるって本当!?

カードローンの申し込み条件には何があるの?

カードローンの申し込み条件は銀行や信用金庫、消費者金融など金融機関や金融業者毎に異なります。一つの銀行の中には幾つかのカードローンが用意してあり、それぞれ申し込み条件は異なっています。
例えば、アルバイトやパート、専業主婦さんでも申し込みが出来るカードローンもあれば、前年度の年収が300万円以上、勤続年数が2年以上などの条件が付いているカードローン、住宅ローンを利用している人が申し込めるものなどもあります。
年収や勤続年数などの申し込み条件があるカードローンは、条件を見たいしている人しか申し込みが出来ませんが、アルバイト収入やパート収入などでも申し込みが出来るものは幅広い人が利用出来る、比較的審査が緩めのカードローンと言えましょう。

都市銀行よりも地方銀行の方が緩め?

銀行には都市銀行や地方銀行などの種類がありますが、カードローンの申し込みは都市銀行よりも地方銀行の方が審査が緩めとも言われています。
地方銀行の場合、申し込みが出来る人は銀行の営業エリア内に住んでいる人、営業エリア内にある会社に勤めているなどの条件が設けられているケースがあります。利用出来る人が限定されているため、審査が比較的緩めになっているわけです。
ちなみに、カードローン申し込み条件の一つに安定継続収入があります。アルバイト収入やパート収入も安定継続収入として認めている銀行も多くあります。地方銀行の場合はカードローンの種類により年金受給者も申し込み対象にしているなど、収入が少ない人でも審査に通りやすいカードローンは多くあります。