これさえ押さえておけばOK、カードローン審査に通る秘訣って?

カードローン審査に落ちる理由とは?

カードローン審査はお金を貸しても大丈夫な申し込み者なのかをチェックするものです。
例えば、年収が少ない人に高額な融資を行った場合、返済能力の上限を超えているので融資が出来ないと判断します。
カードローンの申込書には年収やローン希望額を記載する箇所があるため、二つの数字を見た時に返済能力がないと判断が行われば審査に通らないわけです。
ちなみに、希望額通りになるケースと減額が行われるケースがあります。
どちらも審査に通過しているわけですが、減額が行われる理由は、この申し込み者ならこれくらいの融資額が無理なく返してくれる金額だと判断が行われているからです。
尚、それほど高額な希望額を記載していないのにも関わらず審査に通過出来ない理由は個人信用情報に何らかの問題があるからなのです。

過去の借金で金融事故

カードローン審査の中で必ず行われるのが個人信用情報の照会です。
個人信用情報には、カードローンの申し込み、借金返済の状況、債務整理や延滞などの金融事故情報などが記録してあります。
過去の借金をした事がない、初めてのカードローン申し込みなどの場合、個人信用情報はきれいな状態になります。
しかし、過去に借金をした事があり、その時に返済遅延を1度でも行っていると、遅延の情報が個人信用情報に記録が行われる事になります。
個人信用情報は審査の度に照会が行われる、そして記録が残る事になるので数社にカードローンの申し込みを行っている事なども情報を見れば分かります。
また、短期間に3社以上の申し込みをしている人はお金に困っている人であると判断が行われるので、申し込みのタイミングをずらす事が大切です。