申込前にチェックしておきたい!審査のポイント

カードローンの審査手順と目的

簡単な手続で迅速にお金を借りられるのがカードローンの魅力ですが、やっぱり心配なのが、審査に通るかどうかですね。とは言え、審査の目的は一つしかありません。「この人にお金を貸した場合、ちゃんと返してくれるだろうか」。ただそれだけです。それを判断するために、信用情報機関に登録されたデータを取り寄せ、申込書の内容を検討し、そして最後に在籍確認の電話を掛けるわけです。
一応の目安としては、1年以上の勤続年数と安定した収入があって、今までにカードの返済などで延滞したことが無ければ、たいてい審査はパスします。もちろんアルバイトでもOK。収入の額よりも、毎月決まった収入があるかどうかの方が重視されます。なお、勤続年数の短さや延滞の事実などをどこまで許容するかは、金融機関ごとで判断が異なります。ただ一般的に言えば、銀行と消費者金融を比較すれば、利率が低い分、銀行の方が審査は厳しくなっています。

審査に際して注意すべきこと

カードローンの申込に関して、一番注意して欲しいことは、ウソをつかないということです。それを前提として、申込書は丁寧にかつ正確に書きましょう。勤務先や現在の収入、借金の状況などは特に気をつけてください。ウソは絶対にバレますし、そうなると「この人は信用できない」と判断されてしまいます。また、希望する限度額は必要最小限、今必要な範囲にとどめておきましょう。希望額が上がれば、その分、審査も厳しくなってしまいます。
意外とやってしまうのが、借りられるかどうか心配のあまり、複数の金融機関に申込んでしまうことです。それをやってしまうと、「この人はお金に相当困っている」と判断されて、審査に落ちてしまいます。1ヶ月で3社が限界。それでダメなら、半年待って出直すしかありません。また、現在数社からの借入がある人は、できればおまとめローンなどを活用して、借金を一つにしておいた方が賢明です。